沖縄の歴史や文化を学んだ修学旅行

 キャリアコース2年生は12月2日(月)から2泊3日の行程で沖縄県へ行きました。沖縄の歴史や文化を直接見たり聞いたりすることで、現地に赴くならではの体験ができたのではないかと思います。この旅行で得た経験を、小さなことでも構いませんからこれからの生活に活かせることを願っています。

(生徒の感想)「戦争なんて過去のことだ。私たちが生きている間に起こるわけがないだろう。」私は今までそう思っていました。しかし、沖縄の平和記念公園で戦没者の慰霊碑を見たとき、戦争の虚しさのようなものを感じました。確かにこの地が戦地となり、多くの人々が命を失ってしまったということを感じていると、戦争をとても身近に感じ取ることができました。これは、資料を眺めることだけでは決してできない貴重な体験だと思いました。そしてこのようなことが日本で起こらないことを願いました。また、沖縄の文化に触れることで、いつもの生活とは違う視点で自身の生活を見直すことができました。今回の修学旅行は、今後の生き方にかかわる意味のある体験となりました。