卒業生対談

デザイン・アートコースの卒業生による、
学校生活・思い出を振り返る対談をご紹介します。

卒業生に、創進学園高校での生活や未来に向かって歩む
これからの展望を聞きました!

 

創進学園高校に入学したきっかけ

 漆原  久しぶり!1年越しで母校に戻れてうれしいです!琴美さんは、今年3月に卒業でしたね、おめでとうございます!今日は、卒業生の対談ということで、よろしくお願いしますね。
さて早速ですが、琴美さんは、どうしてこの高校に入ろうと思ったの?

 中村  はい、わたしはもともと絵を描くことが好きで、親からデザイン・アートの専門コースがある高校が見附にあると聞いて、その時から内心はこの高校にしよう!と決めていました。それからオープンスクールや学校説明会に訪れて、本当に入学しようと決心を。
百花さんはどうしてですか?

 漆原  わたしは、はじめからこの高校にとは思っていなかったんだよね(笑)。結果としてこの高校に入ったんだけど、確かなことは、デザイン・アートを学んで、自分に何かできることを得たいと思ったの。わたし、中学の授業で美術を勉強した程度で、本格的なデザイン・アートの勉強はゼロからだったんだけど、なんかやってみようと思えたんだよね。

 中村  なるほどぉ。みんなそれぞれの考えや、その時の流れがあって入学していますけど、入学してそれぞれ頑張っていて良いなと思いました。ちなみに、百花さんはどんな高校生活でしたか?

 

学校生活と思い出

 漆原  そうだなぁ。朝は6時位に起きて、8時半ごろには学校に着いて、9時から16時くらいまで授業。だいたい18〜19時にはお家にいたけれど、特に3年生の時は、学校の実技課題もこなしながら夜12時前位まで受験勉強をしていたから、我ながら頑張っていたかも(笑)。
まあ、それも友達に恵まれたからなんだよね。だからこそ3年間過ごせた。

 中村  わたしも、割と百花さんと似ています。6時半位に起きて、夕方まで授業。そして、コンクールの締め切り前になると、作品制作で学校に残ったり。普段は夕方には帰宅していましたが、宿題や家庭学習で、割と夜遅くまで頑張ったりしましたね。でも、息抜きも本当に大事だと思って、テレビやネット、友達とも遊んだりして勉強ばかりではなかったですよ。
ちなみに、創進学園はキャリアコースでいろいろなスタイルで学習する生徒が多いので、それぞれの考え方や時間の使い方で高校生活をつくっていける点が良いですよね。

 漆原  そうだよね、柔軟な校風というか、学びのスタイルを選べるのが良かったよね。
あと、琴美さんの高校生活での思い出ってどんな感じ?

 中村  はい、コロナが流行する前の、1年生の文化祭はとても楽しかったです!みんなでワイワイ準備をしたことがすごく良い思い出です。あと、学校からの紹介でギャラリーみつけで、ボランティア活動として版画のワークショップのお手伝いをしました。大人の中に混じって制作のお手伝いをして、とっても緊張しました(汗)。でも、版画の授業でこの経験が私なりにとても役に立って、参加して良かったです!
あ、もうひとつ。短大受験前に、面接試験の練習を先生方にサポート頂いたのですが、すごく良い経験になって、殻を破るきっかになりました!最初は嫌だなぁと思っていましたが(笑)、自分のことを人に伝える練習を通して自分に自信を持てたと思います。

 漆原  ん~、すばらしい!わたしも、大学受験の思い出がすごく印象的だったの。入試では、AO、推薦、一般と続けて挑戦して、3年生の半分を受験に費やしていたのね。ただ、AO、推薦入試の結果が振るわなくて…。だけど、そこで友だちや先生が励ましてくれて、ホント助けてもらったんだよね。もし私がAOや推薦で、すんなりと合格していたら、周りの人のありがたさに心底気付くことはなかったかも。

 中村  へぇ~、百花さんもステキな経験ですね!百花さんって、将来目指したいものってあるんですか?

 

これから目指したいこと

 漆原  まだ明確ではないかな(笑)。だけど、高校生活で人に助けられた経験があるからこそ、逆に誰かの役に立ちたいと思う。最近思うんだけど、やっぱり、自分だけで何かを成し遂げるってできないと思うんだよね。だから、人と力を合わせて何かを創る仕事を目指して、もっと勉強したいと思う。

 中村  わたしもまだ決まってないんです(笑)。でも、短大で学ぶ中で、得意なことを見つけて伸ばしたいです。あとは、美術館に沢山通ってデザイン・アートを見る目や感性を磨きたいと思います。本もいろいろ読んで、知識や広いものの見方を身に着けたいですね。

 漆原  うんうん、わたしも頑張る!あ、対談もそろそろ終わりだね。では、琴美さん、後輩のみなさんに一言。

 

後輩のみなさんに一言

 中村  はい、目の前のことにひとつずつ取り組むことが大切だと思うので、焦らず、着実に頑張ってください!ただ、一般教科はもちろん、デザイン・アートの学習では、一度、頭を休めてリフレッシュすることで新しい発見もあると思うので、メリハリをつけて取り組んで頂ければと思います。わたしもコツコツ頑張ります!

 漆原  わたしは、まず自分が仲間を大切にすることで、仲間からも大切にしてもらえると思っています。これから入学する方は、慣れない環境で大変だと思いますが、創進学園の先生方やこれからできるお友達など、きっと近くに支えてくれる人がいると思います。そんな方々を大切にしながら、楽しい高校生活を送ってください。
あっ!課題は必ず出してくださいね!課題を提出していれば何とかなります!(笑)
では琴美さん、また会いましょうね!

 二人  今日はどうもありがとうございました!

 

TOP